3歳の息子を連れて散歩しているときに新しくできた美容室に気が付きました。看板には料金が1,300円で予約不要、こちらは要予約ですが無料の託児所付きで年中無休と書いてありました。
どれも主婦には嬉しい謳い文句です。独身のときは美容室に事前に予約をしてカットやパーマをしてもらい、料金が1万円くらいかかっても払って満足していましたが、主婦になったら1万円はかなり痛い出費なのでこの料金はありがたい限りです。

このときはこういうお店ができて嬉しいとしか思いませんでしたが、何回か散歩をしてお店の前を通るたびにこのお店でカットしようかなという気になりました。いつお店の前を通ってもお客さんがいるようで賑わっていて、人気のお店なのかなと思ったのがきっかけです。
初めて行くお店のため様子見で託児所は利用せず、休日に夫に息子のお世話をお願いして思い切って1人で行ってみました。

お店に入って受付をして少し待つように言われたので、ソファに座って待っていたらすぐに呼ばれました。
女性の店員さんにカットしてもらいましたが、手際が良くてすぐに終わりました。料金も看板に書いてある1,300円で済みました。
これなら今度もここでカットしてもらおうと思いました。

昨日は仕事帰りに、とあるショッピングモールに立ち寄りまして、現在開催されている『全国うまいもん一』という催しもののブースに行ったのですが、お目当てであったクリスピークリームドーナツが、全て売り切れでした。
着いた時間も、催しものが閉店する少し前だった事と、またこちら北関東にはクリスピークリームドーナツの店舗がないため、おそらくは午後イチ、若しくは夕方辺りには売り切れていたのでしょう。
以前にも同じような催しものがあり、その際には買う事ができたので、今回も買う気満々で行ったのですが…
残念でなりませんでした。
また機会があれば、食べてみたいドーナツです。
そして、ドーナツが買えずに悔しかった私は、黒糖を使った蒸しパンのような商品を二個買って帰りまして、今朝に食べたのですが、これがまた美味しかったのです!
寧ろ、ドーナツが売り切れで良かったように思えたくらいに、絶品の蒸しパンでした。
また週末にでも、時間があれば行きたいと思っています。

小学生のこどもたち、いつもは当然給食なのですが、
明日、明後日と先生方の研修や学校の行事のため、
お昼はお弁当を持参しなくてはなりません。

4校時まで授業を受けたらお昼を食べ、あとは帰りの会をやって帰るだけだというのに。
お料理が苦手な私には、こどもたち二人分、そして二日間おかずに何を詰めたら良いのか悩んでしまいます。

今はSNSもあってか、お友だちの中にはそれはそれは華やかなお弁当の子もいるようで、
こどもたちが羨ましがってせがんでくるので本当に大変。

お弁当のおかずの中で、私が唯一といっていいほど上手に作れるのが卵焼き。
チーズやカニカマを中に巻いて焼いてみたり、
巻きすを使って花の形にしてみたりと、
卵焼きだけはバリエーション豊富に作ることが出来ます。
こどもたちにも卵焼きだけすごく褒めてくれます。

でも、こどもたちが本当に大好きなのは、砂糖たっぷりの甘い甘い卵焼き。
お寿司屋さんの卵焼きのように厚く焼いた甘い卵焼きが大好きなのです。
体には良くないのでしょうが、これを入れれば苦手な野菜も残さず食べてくれるので、欠かせない一品です。

卵焼きを作っていると、こどもたちがおいしそうに食べてくれる様子が浮かぶので、
苦手なお弁当作りも「しょうがないなあ」という気分で作ってあげたくなります。

さて、2日分のお弁当をおかずを考えて、これから買い物に行ってきます!

今日の夜、友達が手紙を持ってうちに来てくれました。
友達とはよくメールのやり取りをしていますしSNSでも交流しています。
でも彼女は時々手書きの手紙を私に書いてくれるんです。
元々は私も手紙を書くことが大好きで、私も彼女に沢山手紙を書いては渡していました。
でも最近手書きの文字を書くのが下手で嫌になってしまったので、もう全然書いていません。
今のメールが当たり前の時代に手紙っていいものですね。
自分では書くことがなくなってしまったとは言え、書いて貰えることは嬉しいことです。
それに直接手渡しで渡してくれるというのもまた嬉しいです。
子供の頃に学校の友達と手紙交換したことを思い出します。
手紙は一枚だけでしたが、そこには彼女の優しい気持ちが沢山込められていました。
本当に有難いです。
私のことを色々と心配してくれていて、いつも優しくして貰っているのに私は優しく出来ているのか?
そんなことを考えてしまいました。
彼女には感謝しかありません。