ガス給湯器を新しい物に替えたら、音声でいろいろ教えてくれるようになりました。
「お湯張りをします」とか「追い炊きをします」「停止します」といった女性のアナウンス。
別にあってもなくてもどっちでもいい、なんて当初は思っていたんですが…。
意外に役に立っていると最近感じるようになりました。
一番役立っているのは、お湯張りのときです。
「お湯張りをします」の後に、「お風呂の栓の閉め忘れに注意してください」と親切に一言添えてくれるです。
実は私、年に数回は浴槽の栓を閉め忘れて、お湯を無駄にしてしまうことがありました(汗)
しかし新しい給湯器に替えてからは、今のところ栓を閉め忘れたことはありません。
やっぱり一言注意してもらえると違うんですね。
これはなかなか親切なアイデアだと思います。
追い炊きアナウンスも、間違えてボタン押しちゃったときにこの声が出るか出ないかで全然違うんですよ。
無駄な追い炊きをしないで済みます。
自分で気をつけていてもついうっかりするミスを、音声で防ぐことができます。