オススメの経済情報雑誌のネットマネーを紹介します。月刊雑誌として販売されている雑誌で、主に、日本の株式について詳しく掲載されている雑誌です。経済にまつわる、旬な話題の情報や、日本の、株式の個別銘柄について、詳しく解説されており、毎回、さまざまな視点から、株価を検証されており、楽しみながら、経済について、考えることができる、雑誌だと思います。個別銘柄については、割安、割高などのテクニカル的な面はもちろん、注目の個別銘柄をピックアップして、個別に解説されているので、株を購入する際にも参考になると思います。また、色々なアナリストによる、解説も豊富で、信頼できる情報が盛りだくさんだと思います。また、株主優待についての情報や、ふるさと納税についての情報なども掲載されており、知っておくと、お得な情報も色々ありました。その他にも、米国株について紹介ページや、、アジアの株式市場が紹介されているページもあり、多角的な面から、現在の経済と株式市場を知ることができる雑誌だと思います。

某コメンテータの人が、アメリカのことをジャイアンで、日本はノビタならぬドラえもんを目指せということを言っていた。その人はかなりの鋭い論客でいろいろなるほどなという意見や提言をしている人なんですが、さすがにアメリカはジャイアンと違うような気もする。
こういう例えって結構難しい事で、これはナニナニにあてはめるとといった事はよく使われる手法なんだが、あまりにもそれに沿った展開をしなきゃいけないのでずれてくる部分があると思う。もちろん、物事に対して易しく説明するというのは難しいことなのでこういった手法はある程度、有効という事は前提にあるとは思うのですがね。
さて、自分なりの解釈でいうとアメリカってトランプ大統領がまさに好き勝手やっているようにみえているのでジャイアンという表現は正しいように見えるがどちらかというとジャイアンは中国で、スネ夫が朝鮮半島かなと思うのです。さてスネ夫といえばお坊ちゃんですから金持ちじゃないか!…うーんやっぱり限定の物語で例えるのは無理がありますなあ!